ラウンドアバウト、オーストラリア | ゆるこあらいふ in Australia

ラウンドアバウトに入るタイミング

オーストラリアにあるラウンドアバウト(環状交差点)住宅街の中にある小さいのから、めちゃくちゃ大きいのまでほんとにどこにでもあります。

日本にもいくつかあるみたいですが、私はオーストラリアに来るまで見たことなかったのでこちらで免許を取る際に入り方やウインカー(オーストラリアではインディケーター)の出し方を習いました。

ルールはシンプル、右から来る車、すでにラウンドアバウトの中に入っている車が優先、一旦中に入ってしまえばもう安心。でも ( ! ) そう思って中に入っても左側からラウンドアバウトに近づいて来る車がものすごいスピードで飛ばして来ていて、止まらずに入って来てぶつかるんじゃないかとヒヤッとすることもよくあります😱

大きなラウンドアバウトは右から来る車までの距離が長く余裕があるので入りやすいですが、小さいラウンドアバウトは怖い!😰 結構飛ばして来る車もあるし、右折のウィンカーを出さない車が多いのですでに中に入っていて前方から来る車が直進するのかと思ったらそうでなかったりするのでどちらに行くのかギリギリまで見極めてからでないと入れません。

私は割と慎重に入るタイミングを待つ方なので、「あ、今行けたかも・・・」ってこともよくあり後ろの車に申し訳ない🙇🏻‍♀️なかなか入れずにじっと待ってたらお隣の車線の人がグイッと入って行ったりするのでやっぱりどんくさいのかなと・・・😔

絵では綺麗に4方向に分かれていますが、変形だったり出口が5つのラウンドアバウトなんかもあって、3つ目や4つ目の出口の時はぐるぐる回ってるうちに混乱して間違うことも😂

二車線の場合は進みたい方向によって入るレーンが外側か内側か違ってくるので入る前に自分がどっちの方向に行きたいのかによって車線を変更します。

左折の時は左のレーン💁🏻‍♀️
ラウンドアバウトに入る前からウインカーは左に出し、出る直前にもウインカーを左に出します

直進する時は両方のレーンからで大丈夫🙆🏻‍♀️
ウインカーは出さずにラウンドアバウトに入り、出る直前に左に出します

右折やUターンしたい時は右の車線からしか出来ません☝🏻
ラウンドアバウトに入る前から右にウインカーを出し、出る直前に左のウインカーを出します

引用元 https://www.qld.gov.au/transport/safety/rules/road/roundabouts

ちなみにクルマの運転をするために運動神経はあまり関係ないそうです。
運動神経よりもむしろ、認知・判断・意思決定の能力、および慣れや心理的側面が、クルマを安全に運転するためには重要とのこと。

あと運転に対して苦手意識を持つ人は、運転の操作そのものより周囲の車の動きが予測できないことに不安を感じるとのことです。私は車の運転が嫌いで、出来れば運転したくないといつも思っているのでそういった要素も私がラウンドアバウトが苦手なことに含まれているような気がします😅

ランキングに参加してますのでポチっと押して頂けると嬉しいです👆🏻

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

オーストラリア(海外生活・情報)ランキング
オーストラリア(海外生活・情報)ランキング